賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

1階の人の迷惑にならないように、生活音にも気を配る必要があります。

MENU
賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

二階に住む人の心構え

部屋を借りに行くと色々な条件で選ぶことが出来ます。
まず賃貸物件には、木造アパートと鉄筋コンクリート製のアパートがあり、その両者には大きな差があります。
もちろん全体的な傾向として、鉄筋コンクリート製の物件の方の設備が新しいでしょう。
そして、木造アパートよりも作りがしっかりしています。
そして、木造の物件よりも家賃もいくらか高いはずです。
では、木造アパートに住むとしたら何を意識しておく必要があるのでしょうか。
鉄筋コンクリート製の物件に住む場合と比べて、大きな問題となり得るのが、近所の人の生活音です。
自分が1階に住んでいるのであれば、2階の人の音に、始終接することになります。
それが気にならない人もいれば、それが原因でもうそこには住めないというほどに、影響を受けるケースもあります。
では、自分が木造アパートの2階に住むことになる場合は、何を意識して住む必要があるでしょうか。
それは1階の入居者に対する気配りです。
自分が1階に住んでいるのであれば、2階の人が自分に気を使って騒音をあまり立てずに暮らして欲しいと思うはずです。
それで、自分が木造アパートの2階に住むのであれば、1階の人の気持ちにやはり配慮する必要があります。
特に実家が一戸建てだった人の場合はそう言えるでしょう。
そこで育つと、自分が2階にいるときでも足音はほとんど気にせずに過ごすと思います。
仮に自分が走り回ってどたばたしても、1階の人に音が迷惑ですよという注意はあまり受けずに育つことと思います。
それで初めて木造の2階に住むのであれば、まずは自分の足音に注意を向けるところから始める必要があります。
基本的に木造の家では、歩くと多少は足音が発生します。
そして1階の人にはその足音は、本人が思っている以上に大きく響いて聞こえるのです。
それで、すり足で歩くようにということではありませんが、わざわざ騒音を発生させるような仕方で家の中を歩くのはしない方が良いでしょう。
そうするならば1階の人も気持ちよく過ごすことが出来ます。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方.All rights reserved.