賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

高い物件を見るとその良さに心ひかれます。安い物件は値段に引かれます。

MENU
賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

スムーズに決めるために

人の目というのは、私たちが思っている以上に力があります。
元々は買う気が全くなかった商品でも、テレビのCMを見ていると、買いたい気持ちになることがなります。
最初は高いから買うつもりなどなかったの、それを見ているうちにだんだん欲しくなってしまうことは誰にでもおこります。
それと同様のことが、賃貸物件を見るときにも生じます。
家を探すときには、たいてい誰でも予算を考えるはずです。
毎月払っていく家賃は固定費用として動かない物ですので、自分が払い続けられる額を先に考えておくわけですね。
これは、賢明なことと言えます。
背伸びをせずに、しっかりした考え方です。
でも、この考え方が揺れ動くことがあります。
それは、どういうことでしょうか。
具体的な状況で考えてみましょう。
たとえば、ある独身男性が7万円以下で物件を探していて、不動産会社を訪ねます。
もちろん、その希望額を伝えて、希望額の範囲で部屋を探してもらいます。
しかし、不動産屋さんが出して来てくれる部屋の情報をいくら見ても、心が動きません。
もう少し良い部屋をイメージしていたからです。
しかし7万円ではそのイメージかなう部屋が出てこないのです。
ここで、問題となるのが、何を妥協するかという点です。
家賃をもう少し出してもいいかと考えて金額で妥協するでしょうか。
それとも部屋のランクで妥協するでしょうか。
この何で妥協するかという点で、自分のポイントが固まっていないと、スムーズに部屋探しは進みません。
いくらか金額が高い部屋を案内されて、その部屋の内装の良さに心が引かれます。
しかし、その直後に安めの物件を紹介されて、今度はその値段の低さに心が揺れます。
そのようして心が揺れ、なかなか決められない理由となるのは、部屋のランクか、部屋の安さか、そのどちらをとるかを決めていないからです。
それで、自分にとって外せないポイントを考えてから部屋を見せてもらう方が良いと言えるでしょう。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方.All rights reserved.