賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

予算を決めて部屋を探すときは、その予算以下で探した方が良いでしょう。

MENU
賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

決めた金額を変えない

気が付いたら、予定より高い買い物をしてしまうということがあります。
それが必要なことに突然気がついてそれを買ったのでしょうか。
そういう場合もたまにはあるかもしれませんが、たいていはそれをお勧めされたので、買ってしまったというとこでしょう。
この予定よりも高い買い物をしてしまうというのは、何も洋服やカバンに限ったことではありません。
部屋を借りる、つまり賃貸物件を選ぶ際にも同じことが言えます。
もともとは一定の金額以下で探すと決めて、不動産会社を訪ねたのに、気がついたら予算を大分オーバーした家に決めてしまうということが起こりえるのです。
賃貸物件を扱う方たちも、それでご飯を食べている営業のプロの方たちです。
それで、こちらがあまりきちんとした考えを持たないまま部屋を決めようとすると、営業トークに乗せられたまま部屋を契約してしまうということがあります。
もちろん、その結果非常に良い部屋に出会えたのであればそれは嬉しいことです。
しかし、最初に決めた金額を大きく超える家賃の部屋であるのならばそれは考えものです。
この金額ならなんとか頑張れば払えると頭の中で、ざっくり計算しただけで、予算を引き上げてしまうのならば、あとで苦しむことになりかねません。
洋服やカバンを買うときには、予算を越えて買ったとしても、その一回の出費が予算オーバーというだけのことです。
しかし、賃貸物件の予算オーバーは意味が異なります。
それから毎月毎月予算オーバーが続くのです。
予算オーバーが続くというのは、場合によっては貯金を食いつぶさなければいけないという意味です。
もしくは、毎月一定額を貯金して将来に備えるつもりだったその貯金が全て予算オーバー分の穴埋めに消えてしまうということでもあります。
予算を引き上げるということは、どちらにしても毎月その余分の出費に耐えることなのだということを理解しておくことは大切です。
そう考えると、決めた金額以内で探すというのは賢明なことと言えるでしょう。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方.All rights reserved.