賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

木造のアパートの1階に住むのであれば、2階の物音に悩むことがあります。

MENU
賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方

木造アパートの1階に住むとき

実家が一軒家でそこで子どものころからずっと育ったという人がいます。
つまり、一階も二階も自宅の環境で育った人です。
そういう人が大きくなって家を巣立つ季節がやってきます。
若くしていきなり一戸建てを買える人はまれですから、当然最初は賃貸物件を考慮することになります。
そして、仲介業者さんを通じて、人生で初めて木造アパートに住むことになったとします。
今までは実家の一戸建てで暮らしていた人は、実家と自分が初めて借りたアパートの住環境の差に驚くことでしょう。
驚くポイントはたくさんありますが、その一つは隣近所から聞こえてくる音です。
実家にいた頃は、家族の物音しかしませんでしたが、今では四方八方から様々な音が聞こえてきます。
特に木造アパートは、その傾向が強いと言えるでしょう。
仮に、木造アパートの1階に自分が入居したとします。
そして、自分の部屋の上には子育て中の家族が住んでいます。
その子どもが部屋を走り回るたびに、自分の部屋にも音が響き渡ります。
その子が椅子から飛び降りるたびに、大きな音がして驚きます。
それで、木造2階建てアパートに住むのであれば、1階か2階どちらに住むかでその住環境は驚くほど変わります。
1階に住むのであれば、2階の人のライフスタイルの影響をもろに受けます。
その人が夜更かしをするタイプの人であれば、その人が深夜に帰宅して、ばたばたし始めるとその音が筒抜けで聞こえます。
それで、その人が帰ってくる前に自分はもう布団に入っていても、毎回その人の帰宅とその後の活動のせいで起きてしまうことがあります。
それで、木造アパートの1階に住むのであれば、2階には今どのような人が住んでいるのかを大家さんに聞いて確認したほうが良いでしょう。
仮に、小さなお子さんがいるご家族ですという答えであれば、その物件は避けた方がいいと言えるかもしれません。
自分が音など全然気にならないというのであれば、そこにしてもそれは問題ないと言えるでしょう。

お勧めのサイト

Copyright (C)2017賃貸探しのコツ ゆずれない希望条件の絞り方.All rights reserved.